News

2021/09/05

KG+Kyoto Graphie 本間純 Jun Homma - I Saw a Landscape

本間純

KG + Kyoro Graphie 

本間純 Jun Homma 

会期 9月17日-9月26日 会期中無休

土日11;00-19;00 月-金 13:00-19:00

場所 @bonon_kyoto

 

本間純は、可視領域に不可視の領域を意図的に発生させることにより、可視情報に含まれない場の歴史や情報を想起させる作品を発表している。視覚の思い込みを狙う本間の行為は媒体を問わず展開され、ときに身体表現として、ときに彫刻として、ときにインスタレーションとして発表される。写真に対するアプローチとなったとき、その営みは顕著になる。アルミニウム板にUVプリントされたイメージは荒々しく削りとられ、風景を表出していた画面は物質的な残骸であるかのように提示される。さらに本間は消失した空間を鏡面に磨くことにより、画面の内側に展示空間や、鑑賞者自体を反射し取り込んでいく。不可視から生まれる連想から一足踏み込めば、そこには思考する「わたし」があり、記憶や知識を働かせていた鑑賞者は、思考する自身の姿と目を合わせることになるだろう。削りとられた強制収容所や緊急事態宣言下の桜は、残欠となって漂いつづける。

 

Jun Homma handles the invisible landscape which evokes memory and information about the place. The artist produces an invisible domain intentionally in the visible domain. Homma develops the optic belief in his artwork regardless of media ,such as physical performing arts, a sculpture, and as an installation. When it became the approach for the photograph, the work becomes remarkable. The image UV printed on an aluminum plate is scratched violently. Instead of the landscape, the surface of photograph is shown as the material wreckage. Furthermore, the center of the work which lost the image are politely polished and it reflects like a mirror. When a viewer takes a step forward to the artwork, the person understand him or herself that there is a self portrait inside of it. It is a figure of memory and acknowledgement. There is a concentration camp in German, or there are cherry blossom trees under the emergency declaration outside of the portrait. The landscapes are fixed the imperfection and continue drifting in time.

 

 

【作家】本間純

Jun Homma

 

Artist Website

 

www.junhomma.com

 

出生年/出身地/活動拠点

1967年東京生まれ、横浜を拠点に活動。

Born in 1967, Tokyo. Lives and works in Yokohama 

 

略歴・プロフィール

1990年多摩美術大学立体デザイン科卒業。199092年多摩美術大学彫刻家研究生。2019年文化庁新進芸術家海外研修員(ベルリン)。主な参加展覧会に「桜を見る会」(eitoeiko 2021)、個展「I saw a landscape」(void+ 2020)、チェンナイフォトビエンナーレ(インド 2019)、個展「侵食の風景」(GlogauAIR ベルリン 2019)、個展「浸蝕の肖像」(ランゴリメトロアートセンター バンガロール 2018)、「空気の正体」(川口市立アートギャラリーアトリア 2017)、個展「無名の国」(TRAUMARIS/SPACE 2015)、弟子屈極寒芸術祭(北海道 202120182016)、越後妻有雪アートプロジェクト(新潟 2014)、瀬戸内国際芸術祭(香川、岡山 2013)など。

Received his BA Design from Tama Art University, 1990. Research student from Tama Art University, 1990-92. Lived and worked in Glogau AIR, Berlin, Program of Overseas Study for Upcoming Artists, Agency for Cultural Affairs, Japan, 2019. Recent exhibitions include Cherry Blossom Party, 2021, I saw a landscape, solo exhibition, void+, 2020, Chennai Photo Biennial, India, 2019, Landscape of Erosion, solo exhibition, GlogauAIR, Berlin, 2019, Portrait of Erosion, Rangoli Metro Art Center, Bangalore, 2018, Air Real, Kawaguchi Art Gallery Atlia, 2017, Unnamed country, solo exhibition, TRAUMARIS/SPACE, 2015, Teshikaga Gokkan Art Festival, 2016, 2018, 2021, Echigotsumari Snow Art Festival, 2014, Setouchi Triennial, 2013, and many others.

2021/08/31

共生と転生 -MITTANの衣 と uskabardの装身具-

共生と転生 -MITTANの衣 と uskabardの装身具-

共生と転生ーMITTANの衣とuskabardの装身具ー

2021.9.4 sat. - 9.12 sun. 会期中無休

uskabard デザイナー在廊日 9月4日、5日、12日

MITTAN デザイナー在廊日 9月4日

平日13:00-20:00 土日祝 11:00-20:00 

場所 @bonon_kyoto 

 京都市下京区平居町20-3 tel 075-741-8816

 

 

共生と転生-MITTANの衣とuskabardの装身具

 

経糸に綿、緯糸には細いウール、柔らかいウールの単糸、絹紡紬糸といった異な

る素材の糸を打ち込んだ3重構造の刺子織。素材のハーモニーの美しいジャケッ

トは、苔むす木肌とも共鳴しあっています。

 

出土したビーズ、地中から掘り出された原石。過去の記憶をかかえ再出したパー

ツが、時を経て新しい時代の装身具として生まれかわる。

 

世界に遺る衣服や衣服にまつわる歴史をもとに、現代の民族服を提唱する

MITTANの秋冬の衣と石に宿る自然の表情を引き出すuskabardの装身具の展示会です。

 

緊急事態宣言発令中のイベントとなるため、ご遠方の皆様にも安心してお買い上げいただけるよう、期間限定のオンラインショップをOPENします。インスタグラム、インスタライブ、ZOOM配信も含めて会場の様子をお伝えする予定です。ソーシャルディスタンス、換気、手指の消毒、マスク着用等の感染予防対策につき、ご協力を宜しくお願いいたします。

2021/08/14

つくり・つたえる 民族の緒 ーsuie 2021aw とboinu_handcrafts コレクション

つくり・つたえる 民族の緒 ーsuie 2021aw とboinu_handcrafts コレクション

つくり・つたえる 民族の緒 ーsuie 2021aw とboinu_handcrafts コレクション

 

祭りがなくなって二年目の夏。作家は杜の中で耳をすまし、手を動かす。

閉塞感の中でも、手がかり足がかりを探すために。光の緒をとらえるために。

遠くの場所、はるか昔、断片として残された布に交差した記憶と思い。

つながりを思いだせるように、離れ離れにならないように。

いつでも日常にまとえるようにsuieの今を伝える新しい作品が出来上がりました。

 

suieは北欧の北部に住むサーミ族の民族衣装からヒントを得たワンピース、

クロアチアの女性民族衣装の型紙をアレンジしたジャケットなど新作や、

民族のパーツを使った一点ものアイテムを販売します。

 

boinuさんは、東南アジアや中国に残る貴重なヴィンテージの刺繍・染色・織物などの

美しい手仕事の作品を展示販売いたします。

 

今回は特に会場に足を運んでいただくことが難しい方のためにも

インスタライブやzoomを使って作家と会場と皆様をつなぐ試みをいたします。

会場にお越しになる方、なれない方ともに、Suieのデザイナーにつなげます。

ご参加を心よりお待ちしております。詳細はインスタグラムで告知をしていきます。

特にご予約は必要ありませんが、ご希望の方にはあらかじめZOOMのお時間を設定させて

いただきます。(おひとり様30分程度・ご相談無料)皆様の参加をお待ちしております。

 

2021.8.28 sat. - 8.31 tue. 会期中無休

suie デザイナー ZOOM面会日 8.28 (Sat) & 8.30 (Mon)

平日13:00-19:00 土日祝 11:00-20:00

場所 @bonon_kyoto 

京都市下京区平居町20-3 tel 075-741-8816

 

民族衣装・伝統衣装にヒントを得て現代の服を仕立てる<suie(スイ)>

東南アジアの山岳民族を中心に貴重な刺繍・染色・織物のビンテージコレクションを販売する<boinu_handcrafts(ボイヌ)>

の展示受注販売会です。

 

2021/07/09

ROGGYKEI 2021AW collection -NORAGI-

ROGGYKEI 2021AW collection -NORAGI-

ROGGYKEI 2021AW collection -NORAGI-

 

2021.7.21 wed - 7.26 mon. 会期中無休

 

デザイナー在廊日 7.22 祝 & 7.23 祝

平日13:00-19:00 土日祝 11:00-20:00 (最終日26日は18:00迄)

場所 @bonon_kyoto 

 京都市下京区平居町20-3 tel 075-741-8816

 

パリコレクションをベースに世界にコレクションを発表してきたROGGYKEI

拠点を京丹波の古民家に移し、先月アトリエショップ『-tomoribi-』をopenしました。

同時に公開されたロギーケイの新作2021AWコレクション- NORAGI-。

里山での農と暮らしと切り離すことができない、新たなクリエーションの第一歩は、力強く大きく舵をきるコレクションでした。

西欧のモードの洗礼を受けた感性が、里山の環境のもとで熟成したような融合感。

ウチとソト、ハレとケ、洋と和を融和させた静かなただずまいは、どこか、なぜか私たちを懐かしい気持ちにさせてくれます。

 

今回のbonon kyotoでは新作コレクションの受注販売とともに、すぐにお求めいただける春夏のアイテムをご用意してお待ちしております。

 

皆様のお越しをお待ちいたしております。

 

【お問い合わせ】

電話 075-741-8816 メール info@bononkyoto.jp

Routes*Roots(ルーツルーツ) http://routes-roots.com/

Instagram @routesrootscom

bonon kyoto(ボノン京都)https://bononkyoto.jp/ 

Instagram @bonon_kyoto

2021/06/16

外間宏政テディベア 展 + 出張喫茶 Violon 2021

外間宏政テディベア 展 + 出張喫茶 Violon 2021

外間宏政テディベア 展 + 出張喫茶 Violon

2021年6月19日(土)~ 6月27日(日)

平日13:00-19:00 土日12:00-18:00

Violon 足立英樹氏 在廊 6月20日&27日 only

同時開催 テディベア Online Exhibition 6月21日(月)~

 

外間宏政さんがテディベアをつくりつづけて25周年の節目の今年

テディベア制作25周年記念作品集(¥2,970消費税込)が、刊行いたしました。

世界をあちこち旅するベアと美味しいもの、美しいもの、と現地の暮らしと人々。

たくさんのこたちを思い出す写真による作品集です。

 

【The Dandelion Press Bear】という名前の外間宏政さんの作品群

名前のとおり、たんぽぽの種のように、ハッピーな気持ちが飛んで遠くにも届いたらいいな。

 

今回はベアのワークショップはございませんが、

特別に、外間宏政さんが大好きな Violonの足立英樹さんが出張喫茶をしてくださいます。

ぜひ20日または27日の足立英樹さん在廊日もぜひお楽しみに。

期間中は在廊日以外の日も、Violonさんのテイクアウトやメニューの一部をご提供いたします。

展示会場は東山の Routes*Rootsではなく、河原町五条のギャラリーbonon kyotoにて開催いたしますので、

場所のお間違えなきようご注意ください。(東山Routes*Rootsでは常設の洋服を置いております)

                                                  

 

同時開催 通信販売 / Online exhibition

2020.06.21 Mon. ~出展作品の一部をオンラインショップに掲載の予定です。HPからアクセスしonline web-shop よりベアをご覧くださいませ。またインスタグラム掲載のベアはお電話、メール等でもお問い合わせ、ご購入していただけます。

 

【お問い合わせ】

電話 075-741-8816 メール info@bononkyoto.jp

Routes*Roots(ルーツルーツ) http://routes-roots.com/

Instagram @routesrootscom

bonon kyoto(ボノン京都)https://bononkyoto.jp/ 

Instagram @bonon_kyoto

 

 

1 2 3 4 5 6 7